DAY 4 #15

ロンドン最後の夜です。

また地下鉄を乗り継いでホテルへ。
パンを買ってって夜食に食べよっと。
部屋にあるお茶のセットでお茶を入れて飲もっと。

でも戻ったら、部屋にはお茶のセットが、無い!

パディントンの最初の晩も、湖水地方にも、リバプールにも、
ホテルの部屋に、自由に飲める珈琲と紅茶と電気ポットのお茶のセットがあったのに。
フロントに行って聞いてみよう。

すいません、お茶のセットみたいなのはないんでしょうか?

フロントにはインド系老婦人と、30代くらいの男性がふたり。
そのおばちゃんのほうが、

「はぁ?」と言ってこちらをジロリと睨んだ。

いや、ホテルって、自由に飲めるタダのお茶セットが置いてあるじゃないですか。

「タダ~? それどういう意味?」

タダと言ったらタダですよ。

「無い。 ほしかったらそこで買って。」

と、横にある冷蔵庫を指さした。
で、そのおばちゃん、ぷいっとまたパソコン画面に向かった。

何、その態度ー!
ムカー! 
それがお客にする態度なのー!?

横のお兄ちゃんは、もしかしておばちゃんの息子?
母ちゃんには逆らえないよ、みたいな顔して、肩をすくめてた。

怒鳴ろうかと思ったけど、今夜泊まるのに、喧嘩しちゃまずいか~・・
引き下がったけど、あの態度はないよね。

そうだ、ロンドンのホテルのレビューに、載せたる。
そう思ったら、すっきりした。




狭いけど、部屋はまぁ綺麗。

シャワールーム、ガラス張りだけど、ここはそんなに怖くないね。
f0203452_23165811.jpg



これ、斜めだよね、絶対。
こういうとこ日本人には理解できないよなぁ。
これでもちゃんとプラグは挿せるってとこがまたすごいよなぁ。
f0203452_2318120.jpg



さぁ、寝ようか。
f0203452_23185033.jpg



最後の夜が、更けていく。

おやすみなさい。
f0203452_23193969.jpg

[PR]
# by momo-adventure | 2009-05-17 23:19